総合的に資料・論文を探す

■データベースの利用について
・ 機械的に大量の情報をダウンロードすることは禁止されています。
・利用は本学教職員及び学生に限ります。

■凡例
・アクセス方法に関するアイコン
 学内LANに接続するPC・スマートホン、附属図書館内のPCからアクセスできます。
 図書館員が代行して検索します。附属図書館1階レファレンスカウンターまでお申し込みください。

 インターネット上で公開しているフリー・データベースです。

・フルテキストに関するアイコン
 本文の利用が可能なもの
 一部の本文が閲覧可能なもの(本文を閲覧できるものと、本文を閲覧できないものがあります)
 書誌情報のみ閲覧可能なもの

雑誌記事索引集成データベース  同時アクセス数:5
明治から現在までの邦文(日本語)雑誌記事が検索できます。学術雑誌だけでなく、総合雑誌、地方誌も収録対象となっています。現在は24,217,325件の雑誌記事が登録されています。 

CiNii Articles 
日本の学術論文を中心に、幅広い分野の論文情報を検索できます。1,900万件を超える、膨大な論文情報の中から簡単に目的の論文をさがすことができます。学協会誌や研究紀要の論文本文の閲覧や、リンクにより他サイトの本文などの参照もできます。
CiNii Books
 
 全国1,200以上の大学図書館などが所蔵する図書、雑誌、古典籍などの学術資料約1,100万件の情報をさがすことができます。目的の本がどこの図書館に所蔵されているかを調べることができます。
国立国会図書館サーチ   
国立国会図書館をはじめ、全国の公共図書館、公文書館、美術館や学術研究機関等が提供する資料、デジタルコンテンツを統合的に検索できます。

NII-REO   
NII 
電子ジャーナルリポジトリは、各社の電子ジャーナルを論文に含まれるキーワードや著者などで横断検索できます。検索結果のタイトル、著者、抄録までは誰でも検索・閲覧できます。収録範囲は、NII-REOのサイトで直接確認してください。 NII-REO上からは本文の閲覧ができませんが、本学でも契約している雑誌や電子ジャーナルも含まれています。電子ジャーナルやOPACも併せてご利用ください。 

IRDB   
IRDB(学術機関リポジトリデータベース:Institutional Repositories DataBase)は、日本国内の学術機関リポジトリ(※)に登録されたコンテンツ(学術雑誌論文、学位論文、研究紀要、 研究報告書、科研費報告書、テクニカルレポート等)のメタデータを収集し、提供するデータベース・サービスです。CiNiiには掲載されていない論文(情報)も含まれるので、CiNiiと併せて利用してください。原則、本文まで読むことができます。 ※ 学術機関リポジトリ(Institutional Repository):大学や研究機関が主体となって所属研究者の知的生産物を電子的に収集、蓄積、提供するシステム、またそのサービスです。大学などの学術機関による研究成果の情報発信機能を担うものとして期待されるほか、オープンアクセスを実現する仕組みとしても注目されています。